クレジットカードの審査に通るポイント

クレジットカード審査ポイント
クレジットカードが欲しいと思って、審査に通してみたけど、審査に落とされてしまったという方、多いのではないでしょうか?

今回はクレジットカードの審査に通るポイントを皆さんにお伝えしたいと思います。

審査に通るポイントをお伝えする前に、「日本信用情報機構」や「指定信用情報機関」で事故がない方が対象となります。

要するにブラックリストに載っていない方、過去に延滞、未納、債務整理などをした方は、今回お伝えすることを行っても通らないことがあります。

例えば、
現在、消費者金融1社から100万円を借りている30代の女性がいたとします。
支払いに遅延もないですし、毎月しっかりと返済をしている方でした。

今の時代、クレジットカードを1枚は持っていると便利なことも多いので、
クレジットカードを作ろうと思って、デザインがかわいいクレジットカードにしようと◯◯カードに申し込みしてみました。

因みに、デザインがかわいいクレジットカードだけでもかなりあるんですよ。

パッと思いつくだけでこれだけの種類があります。

・ディズニーデザイン(ミッキー、ミニー、ドナルド、スティッチ)

・ウッドペッカーデザイン

・バービーデザインカード

・ハローキティデザインカード

・マイメロディデザインカード

・リラックマデザインカード

・くまモンデザインカード

・ふなっしーデザインカード

・ミニオンズデザインカード

この他にも、子猫や子犬のデザインカードなどがあります。

もっと詳しく知りたい方はこちらの「クレジットカード かわいい」というサイトを参考にしてください。

それでは、話を戻します!

申込書の項目は、嘘なく全て埋めました。借金も100万円、年収も420万円、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠も100万円と申込みました。

そして翌日、クレジットカード会社から連絡が来て、今回は残念ながら審査に通りませんでした。

この方は、なぜクレジットカードの審査に落とされてしまったのか?何処がいけなかったのか?

借金100万円が悪かったのか?でも総量規制内の年収の3分の1に収まっています。

もちろん、年収420万円なので問題ないと思います。

問題は、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠で落とされた可能性が高いということです。

クレジットカードをお持ちの方は分かると思いますが、申込書にあるキャッシング枠をついつい書いてしまうんですよね!

実はそこが審査に通らない原因の1つでもあるんです。

特に借金がある方は、キャッシング枠は0円と記入した方が審査に通る確率が高くなります!

同じキャッシング会社の審査を続けてしも落とされる可能性があるので、違うクレジットカード会社で再度記入せず試してみてくださいね!