クレジットカードの作り方

クレジットカードを一度でも作った事がある方の場合は、わかると思いますが、初めてクレジットカードを作る方はわからないことだらけだと思います。

そこで、今回は、クレジットカードの作り方を簡単に説明していこうと思います。

まず、クレジットカードは身分証明ができるものと銀行口座を持っていれば基本的には作ることができます。

また、インターネットで申し込みをすると簡単で、特典を得られる事があるので、非常にお勧めです。

身分証明できるものと銀行口座と書きましたが、その他にもカードを受け取ることができる住所と届印も必要になります。

どの手段で申し込みを行っても、必ず自宅に届けてもらうようになります。

基本的には本人がその場で確認して受け取らないといけないものになるので、必ず普段自分がいる住所を指定するようにしましょう。

また、未成年の場合は保護者の同意書が必要になりますので、注意してください。

キャッシング枠を申し込みする場合は、上記にプラスして年収証明書が必要になります。

年収証明書は、源泉徴収票、給与の支払い証明書(近々のもの2ヵ月分)、確定申告書、納税通知書、年金証書のどれか手元にあるものを準備しておきましょう。

初めてクレジットカードを作る時は、まだ銀行口座がないって人もいると思いますが、そういう時はまず店頭で作るようにしましょう。

口座の開設とクレジットカードの作成を両方行ってくれます。

一度作ってしまえば、後々楽天カードを作ったりするのにもスムーズにできます。